ホーム > 県政情報 > 行財政改革・監査 > 行財政改革 > 8 事務事業の見直し・改善

更新日:2021年4月14日

ここから本文です。

8 事務事業の見直し・改善

本県では、「山形県行財政改革推進プラン」に基づき、スクラップ&ビルドの徹底による歳出の見直し及び一層の選択と集中、組織・人員体制と並行した行政事務の簡素・効率化を図るため、毎年度、全庁的に事務事業の見直し・改善に取り組んでいます。

対象事業

  • 各課で所管する予算事業
  • 予算外の事務事業や内部事務手続き

見直し・改善の視点

  1. 必要性の視点(事業を廃止したらどうなるか、社会情勢の変化等により必要性が低下していないか など)
  2. 役割分担の視点(類似事業を他部局、他団体(民間、国、市町村等)で行っていないか など)
  3. 事業の進め方の視点(目標設定しているか、ターゲットや手段など事業の進め方は効果的・効率的か など)
  4. 支出の適正性の視点(適正な受益者負担となっているか、社会通念上、県費支出は妥当か など)
  5. 成果検証の視点(目標の達成度合いはどうか、県民サービスの向上に寄与しているか など)
  6. 時間外勤務の縮減、業務量縮減の視点(時間外勤務の縮減が図られているか、業務量の縮減が図られているか など)

事務事業の見直し・改善結果

お問い合わせ

総務部行政改革課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2113

ファックス番号:023-630-2524