ホーム > 県政情報 > 山形県警察 > 山形県警察について > 県警からのお知らせ > 留置施設視察委員会

更新日:2021年3月18日

ここから本文です。

留置施設視察委員会

留置施設視察委員会とは

「刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律」第20条に基づき、警察署留置施設運営の透明性と被留置者の適正な処遇を確保するため、警察本部に設置された部外の第三者で組織する機関です。

委員会の組織

定数は4人で、弁護士、医師、地域住民等の人格識見が高く、かつ留置施設の運営の改善向上に熱意を有する方達で構成されています。

委員会の権限

委員会は、県内の留置施設を視察し、警察署長に対して、留置施設の運営に関する意見を述べることができます。

活動状況(令和2年度)

会議

年2回(6月、1月)開催しました。

留置施設の視察等

県内の全留置施設(12施設)の視察を行いました。

意見等

意見はありませんでしたが、委員から「これまでどおり、基本を守って、事故のないように管理して下さい」との話がありました。

お問い合わせ

県警察本部留置管理課 

住所:〒990-8577 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-626-0110(代表)