ホーム > 教育・文化 > 若者支援・青少年 > 青少年 > 不登校児童生徒の自立支援

更新日:2021年11月12日

ここから本文です。

不登校児童生徒の自立支援

県教育委員会では、不登校児童生徒への支援の充実を図るため、学校、県や市町村の関係機関、民間支援団体が連携した不登校児童生徒支援ネットワークの構築の検討を進めております。

令和3年10月1日(金曜日)不登校児童生徒の自立支援ネットワーク研修会の開催について

不登校児童生徒支援に携わる方々を対象に、フリースクール等民間支援団体における実際の支援、学校におけるスクールカウンセラーとの連携した支援事例の話題提供をもとに、将来の社会的な自立に向けた支援の課題を共有するとともに、学校と不登校児童生徒を支援する関係機関・団体等とのよりよい連携の在り方について学び合う研修会を下記のとおり開催いたします。

ちらし・開催要項及び申込方法(PDF:2,320KB)(別ウィンドウで開きます)

上記PDFをダウンロードいただき、申し込みください。

日時・会場

令和3年10月1日(金曜日)14時00分~16時30分(受付13時30分~)

オンライン開催(Zoomを使用)定員240名

対面開催(県庁1001会議室)定員30名

計270名

内容

シンポジウムテーマ

「不登校児童生徒への連携支援の実際と課題~将来の社会的な自立に向けて~」

コメンテーター兼コーディネーター

花輪敏男氏(FR教育臨床研究所所長)

話題提供者

荒木秀和氏(特定非営利活動法人プチユナイテッドアスリートクラブ(フリースクールあにまる)事務局長)

伊藤洋子氏(山形大学地域教育文化学部教職研究総合センター客員准教授、山形県公認心理師・臨床心理士協会会長)

事業報告

研修会の内容をまとめました。御覧ください。

事業報告書(PDF:439KB)(別ウインドウで開きます)

不登校児童生徒の相談支援ガイド(リーフレット)を作成しました

不登校児童生徒への支援には、「学校に登校する」ことを目標とする他にも様々なアプローチがあります。将来の社会的な自立に向けて、学校や不登校児童生徒を支える関係機関、フリースクールや親の会などの民間支援団体などが連携を図り、「本人の考えを大切にした自立」へのサポートが求められています。

一人でも多くの児童生徒やそのご家族への支援をめざし、不登校児童生徒やそのご家族が受けられる相談支援の情報をまとめた、「不登校児童生徒の相談支援ガイド」リーフレットを作成しました。

(リーフレット)不登校児童生徒の相談支援ガイド(PDF:1,409KB)

上記PDFをダウンロードいただき、印刷して御活用ください。

 

 

お問い合わせ

教育庁生涯教育・学習振興課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-3344

ファックス番号:023-630-2874