更新日:2020年10月6日

ここから本文です。

 

最上学園沿革

 

 

 

昭和26年11月30日

新庄市松本82-2地内に、山形県で最初の知的障がい児(入所)施設として設立。

入所定員(中、軽度)30名。

 

昭和33年4月1日

入所定員(中、軽度)40名に変更

 

昭和44年4月1日

園舎全面改築、重度棟設置。入所定員70名(重度20名、中、軽度50名)に変更。

 

昭和46年4月1日

新庄市立日新小・中学校最上学園分校開設(学園内に併設)。

 

昭和54年3月31日

新庄市立日新小・中学校最上学園分校を廃止。

 

昭和54年4月1日

養護学校の義務制により新庄養護学校小学部、中学部開設(学園内併設)。

 

昭和55年4月1日

新庄養護学校、新庄市金沢山地内に独立移転。新庄養護学校最上学園学級(訪問教育)開設。

 

昭和56年4月1日

新庄養護学校最上学園分教室開設。

 

平成12年3月31日

新庄養護学校最上学園分教室廃止。

 

平成12年4月1日

新庄市松本55-1地内に、園舎新築移転。入所認可定員30名(暫定入所定員20名)。

新庄養護学校小・中学部へ入所児童の通学支援開始。

 

平成14年4月1日

最上学園入所児童への新庄養護学校高等部訪問教育開始。

 

平成15年4月1日

障がい者福祉支援費(利用契約)制度開始、指定児童短期入所事業所の指定。

 

平成18年10月1日

障がい者自立支援法施行、指定知的障がい児施設の指定。

 

平成20年3月31日

最上学園入所児童への新庄養護学校高等部訪問教育廃止。

 

平成20年4月1日

新庄養護学校高等部へ入所児童の通学支援開始。

 

平成24年4月1日

福祉型障害児入所施設指定。

 

平成25年4月1日

障がい者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)施行。

 

 

 

トップページに戻る

お問い合わせ

健康福祉部最上学園 

住所:〒996-0051  新庄市大字松本55番地の1

電話番号:0233-22-1559

ファックス番号:0233-23-5266