ホーム > 産業・しごと > 農林水産業 > 農業 > 農山漁村振興 > 庄内農村整備のいまがわかるN.N.REIKO > 共同活動17 集落組織の広域化による扶助体制の強化

更新日:2022年9月21日

ここから本文です。

 共同活動 17

集落組織の広域化による扶助体制の強化 (2022年9月20日)

三川町広域協定運営委員会(会長 齋藤学さん)は、多面的機能支払交付金を利用して、水路の泥上げや農道の草刈り、集落の景観形成活動などを実施しています。

また、町内の小学校と連携し、手作業による昔ながらの伝統的農法を行う農業体験活動も実施しています。

高齢化が進む小規模な16組織が広域化したことで事務局体制が充実し、継続困難となっていた活動が効率的に行えるようになりました。

【取材:庄内PJA 北川】

齋藤会長と事務局の皆さん 清掃活動

景観形成活動 農業体験

お問い合わせ

庄内総合支庁産業経済部農村計画課 

住所:〒997-1392 東田川郡三川町大字横山字袖東19-1

電話番号:0235-66-5547

ファックス番号:0235-66-3018