ホーム > 産業・しごと > 農林水産業 > 農業 > 農山漁村振興 > 庄内農村整備のいまがわかるN.N.REIKO > 共同活動13 山あいの田んぼを復活させる協働活動を行いました

更新日:2022年6月3日

ここから本文です。

 共同活動 13

山あいの田んぼを復活させる協働活動を行いました (2022年6月3日)

鶴岡市羽黒町の農地・水・環境保全組織手向(とうげ)地区保全会が中心となり、耕作していなかった山あいの田んぼを復活させる協働活動を行いました。

耕作していなかった田んぼは草木に覆われているため、重機を使って整地します。

その後蕎麦を栽培し、来年は田植えを行う予定です。

 

この田んぼは、羽黒山や月山高原牧場を訪れる多くの観光客が目にする場所です。

「景観が悪い田んぼを放置することは出来ない」と手向地区保全会が立ち上がり、土地の所有者と手向地区農地組合が協働して取り組んでいます。

【取材:庄内PJA 北川】

活動に取り組む手向地区保全会と土地所有者 田んぼを復活させるための整地作業1

田んぼを復活させるための整地作業2 田んぼを復活させるための整地作業3

 

お問い合わせ

庄内総合支庁産業経済部農村計画課 

住所:〒997-1392 東田川郡三川町大字横山字袖東19-1

電話番号:0235-66-5547

ファックス番号:0235-66-3018