ホーム > 産業・しごと > 農林水産業 > 農業 > 農業総合 > 春の訪れを感じさせる可憐ないちご「おとめ心」

更新日:2021年4月1日

ここから本文です。

春の訪れを感じさせるいちご「おとめ心」

かわいらしい形と鮮やかな色、爽やかな甘さが人気の「いちご」。山形県内では、冬の「とちおとめ」にはじまり、春の「おとめ心」、夏から秋の「サマーティアラ」など、様々ないちごが栽培されています。

平成16年にデビューした春収穫用の品種「おとめ心」は、山形県が14年の歳月をかけて育成したオリジナル品種です。

現在、主に山形県の庄内地方と村山地方で栽培されている「おとめ心」。香りが良く、甘味もたっぷり、しかも酸味があって、甘味と酸味のバランスのとれたおいしいいちごとして、市場から高い評価をいただいています。4月から5月が「おとめ心」のおいしい季節。さまざまな品種のいちごが店頭を飾りますが、山形の「おとめ心」を見つけたら、ぜひご賞味ください。

 

いちご

 

 

おいしい山形推進機構では、山形県の特産品や名産品など「山形のおいしいもの」をインターネット販売しているサイトも御紹介しています。

「山形のおいしいもの」をお買い求めの方(外部サイトへリンク)はこちらから

いちごをもっとお知りになりたい方(外部サイトへリンク)はこちらから

 

関連リンク

おいしい山形推進機構では、県産農林水産物の評価向上と消費拡大に向けた取組みを行っております。当機構のホームページにおいて、本県が全国に誇る農林水産物や特産物等の紹介しているほか、旬の農林水産物の情報を発信しています。

バナーおいしい山形推進機構(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

農林水産部6次産業推進課農産物流通販売推進室

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2221

ファックス番号:023-630-2431

右ナビ-管理ナビ