ホーム > 産業・しごと > 農林水産業 > 農業 > 農業総合 > 砂丘、日照、地下水、恵まれた環境で育つ「メロン」

更新日:2021年6月23日

ここから本文です。

砂丘、日照、地下水、恵まれた環境で育つ「メロン」

夏を思わせる高級フルーツ「メロン」。山形県は生産量は全国第4位となっております。山形県のメロン栽培は、主に酒田市、鶴岡市、遊佐町など海沿いの庄内地域で盛んで、甘くて高品質なネットメロン「庄内砂丘メロン」が作られています。

庄内砂丘メロンの歴史は古く、大正7年から栽培が始まりました。産地が拡大したのは昭和42年頃で、当時の人気品種、プリンスメロンの生産が始まると、全国的にその品質が評価され、生産量が急増しました。品質が評価された裏には、古くから培われてきた生産者の技術とともに、庄内砂丘の気候・土質も大きく関わっています。

土の水分量が多いとメロンが吸収して糖度が下がってしまうため、水はけの良い砂丘地はメロン栽培に適していると言われています。庄内浜の近辺は、水はけの良い砂丘地、銘酒の源にもなる良質な地下水、日中の強い日差しと夜の涼しさ、とメロンを栽培するうえで好条件を備えているため、甘みが凝縮されたおいしいメロンができます。

庄内砂丘メロンは、6月中旬からハウス栽培もの、7月上旬からトンネル栽培ものが出荷され、8月上旬頃まで続きます。夏のはじまりから盛夏にかけて、庄内砂丘メロンをぜひ御賞味ください。

メロンをもっとお知りになりたい方(外部サイトへリンク)はこちらから

 

meron2meron3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

県やJAグループ等で構成するおいしい山形推進機構では、山形県の特産品や名産品など「山形のおいしいもの」をインターネット販売しているサイトも御紹介しています。

「山形のおいしいもの」をお買い求めの方(外部サイトへリンク)はこちらから

 

関連リンク

おいしい山形推進機構では、県産農林水産物の評価向上と消費拡大に向けた取組みを行っております。当機構のホームページにおいて、本県が全国に誇る農林水産物や特産物等の紹介しているほか、旬の農林水産物の情報を発信しています。

バナーおいしい山形推進機構(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

農林水産部6次産業推進課農産物流通販売推進室

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2221

ファックス番号:023-630-2431

右ナビ-管理ナビ