ホーム > 産業・しごと > 農林水産業 > 農業 > 農業情報 > 山形県版GAP第三者認証制度

更新日:2021年3月1日

ここから本文です。

山形県版GAP第三者認証制度について

1 山形県版GAP」とは
 県が農林水産省のガイドラインに準拠して策定したGAP(農業生産工程管理)で、「食品安全」「環境保全」「労働安全」を3つの柱として点検項目と適合基準(満たすべき水準)が設定されています。各生産工程で適切な時期に点検を行い、改善を図るための取組みです。


2 GAPの第三者認証について
 GAPは、各点検項目の適合基準を満たすように取組み、自己点検しながら改善を図ることが重要ですが、第三者認証とは、第三者である認証機関が点検し認証することであり、GAPの取組みが適正に行われていることを販売先等に示すことができます。
 なお、山形県版GAPの第三者認証を取得することにより、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の食材調達基準を満たすことができます。


3 制度の概要
(1)認証機関:公益財団法人やまがた農業支援センター(山形市緑町一丁目9番30号 緑町会館6F)
(2)対象品目:「米」、「青果物(野菜・果樹)」
(3)認証の対象者:県内で農産物を生産する農業者等で構成する事務局を有する団体
(4)認証の要件:  

  ア 山形県版GAPを申請前3か月以上の期間実践していること
  イ 各点検項目の適合基準を満たしていること
  ウ 年に1回以上内部監査が行われていること
(5)審査の方法:団体の事務局及び生産現場等で山形県版GAPの取組状況を審査し、その結果をもとに、有識者等で構成 する審査判定委員会において、認証の可否を決定します。
(6)認証費用:無料

 
 
 
 
 

 

お問い合わせ

農林水産部農業技術環境課安全農産物担当

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8-1

電話番号:023-630-2408

ファックス番号:023-630-2456