ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 経営支援 > 山形県事業継続応援給付金について

更新日:2021年9月7日

ここから本文です。

山形県事業継続応援給付金について

趣旨

長引く新型コロナウイルス感染症の影響によって、売り上げが減少し、経営の継続が困難となっている事業者に対して、事業継続を応援するための県独自の給付金を給付します。

給付金の対象者

県内の法人及び個人事業主

(大企業、政治団体、性風俗産業、系統出荷による収入を主とする個人農林水産業者を除く。)

給付金額

1事業者あたり

(1)法人20万円

(2)個人事業主10万円

対象要件

(1)県内に本社又は本店を置く法人又は個人事業主

(2)令和3年4月、5月、6月のいずれかの売上が前年同月比又は前々年同月比で50%以上減少していること

(3)新型コロナウイルス感染症拡大防止ガイドラインによる対策を実施していること

(4)今後も事業を継続すること

申請手続き

申請手続きについては、こちらのチラシ(PDF:225KB)をご確認ください。

※申請書類に不備がない場合は、原則として申請を受け付けてから約2週間程度でお支払いできるよう努めております。なお、現在、連日多数の申請をいただいており、受付状況によっては、より多くのお時間をいただく場合がございますので、あらかじめご理解くださるようお願いします。

申請受付期間

令和3年7月30日(金曜日)から令和3年9月30日(木曜日)(消印有効)

申請方法

給付金事務局への郵送のみ

発送先

郵便番号 住所 宛先 備考
990-0023 山形市松波4-5-12 「山形県事業継続応援給付金」事務局宛て 封筒に「給付金申請書在中」と朱書き

 

提出書類

申請にあたっては、詳細な要件、注意点をまとめた「申請の手引き」を確認の上、申請ください。

「申請の手引き」(PDF:824KB)

(1)令和3年度山形県事業継続応援給付金給付申請書兼実績報告書((エクセル:77KB)(PDF:304KB)

記入例(PDF:410KB)

(2)売り上げを比較する月(令和元年又は令和2年4月・5月・6月のいずれかの一月)を含む期間の確定申告書の写し(収受日付印があるもの)

(3)売り上げが前年同月比又は前々年同月比で50%以上減少した月(令和3年4月・5月・6月のいずれかの一月)の売り上げがわかる書類

(4)振込先口座が分かる通帳等の写し(申請者名義のものに限ります)

金融機関名、本支店名、預金種別、口座番号、カナ口座名義人が判断できるもの

【令和2年6月2日~令和3年5月1日の期間中に新たに創業した事業者の方は、以下の様式を使用してください。】

新規創業者用申請の手引き(PDF:978KB)

(1)令和3年度山形県事業継続応援給付金給付申請書兼実績報告書(新規創業者用)((エクセル:78KB)(PDF:315KB)記入例(PDF:415KB))

(2)法人は履歴事項全部証明書の写し、個人事業主は開業届出書(税務署受付印があるもの)の写し

(3)対象月(令和2年7月~令和3年5月のいずれかの一月)の売り上げが分かる書類

(4)売り上げが対象月比で50%以上減少した月(令和3年4月・5月・6月のいずれかの一月)の売り上げが分かる書類

(5)振込先口座が分かる通帳等の写し(申請者名義のものに限ります)

金融機関名、本支店名、預金種別、口座番号、カナ口座名義人が判断できるもの

よくあるお問い合わせ

よくあるお問い合わせ(PDF:289KB)をまとめました。(令和3年9月7日更新)

この事業に関するコールセンター

電話番号:0570-056-223

お問い合わせ

産業労働部中小企業・創業支援課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2393

ファックス番号:023-630-3267