ホーム > 産業・しごと > 研究開発・科学技術・情報通信 > 科学技術 > 「2022青少年のための科学の祭典山形大会inやまぎん県民ホール」を開催しました

更新日:2022年11月9日

ここから本文です。

「2022青少年のための科学の祭典山形大会inやまぎん県民ホール」を開催しました

県内の小中学生を対象に、科学技術への理解や関心を深めてもらうことを目的として、「2022青少年のための科学の祭典山形大会inやまぎん県民ホール」を開催しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

1 日時

令和4年11月3日(木曜日・祝日)10時から16時まで

2 場所

やまぎん県民ホール(山形県総合文化芸術館)

山形市双葉町1-2-38

3 開催内容

科学の祭典ポスター

パンフレット(PDF:940KB)

出展団体・ブース概要

  タイトル 出展団体名 ブース内容
1 360度カメラとあそぼう! 株式会社リコー/
リコージャパン株式会社
デジタルカメラの基本的な仕組みを学び、
上下左右全方位が撮影できる
360度カメラを使ってみよう!
2 慶應義塾大学先端生命科学研究所の
研究教育活動の紹介
慶應義塾大学
先端生命科学研究所
慶應義塾大学先端生命科学研究所の
研究教育活動の紹介を行います。
3 人工タンパク質素材ってなに?
~微生物が作り出す未来の素材~
Spiber株式会社 主な原材料に石油を使わず、微生物の力で作られる
ブリュード・プロテインTM素材についてご紹介します。
素材や製品を実際に触っていただけます。
4 不思議な液体 アイジー工業株式会社 ペットボトルの中の液体があります。
そのペットボトルを振ってみると、液体が不思議な事に!
5 こうじょうではたらくロボットと
なかよくなろう
山形県工業技術センター 人と一緒に工場で働いているロボットに会えるよ。
握手をして仲良くなろう!
6 気まぐれ体操選手
~二重振り子で遊ぼう~
山形県立米沢興譲館高等学校
CSSクラブ
回ったり揺れたり、気まぐれな動きをする二重振り子。
紙で作った体操選手を自由自在に動かしてみましょう。
どんな大技ができるかな?
7 ①やけどしない「ふっとう」
②氷をつろう
③むにむにボール
山形県立山形東高等学校
探究部 理数班 科学部門
3つの中から好きなものをえらんでね!
①ぬるま湯のまま「ふっとう」する!?
②氷がひもにくっつく!?
③楽しいさわりここちのボールを作る!
8 糸巻コマをつくろう 山形サイエンスラボ 軸にまきつけた糸を引くことで回転させるコマをつくります。
9 未来を拓く3Dプリンターや
ドローンを体験しよう!
やまがたメイカーズ
ネットワーク
3Dスキャナー・3Dプリンターの実演を行います。
電動義手など3Dプリンターの作品を展示します。
現在注目されているドローンも実演、展示します。
10 宇宙を身近に感じよう!! NPO法人
小さな天文学者の会
宇宙はどうなっているの?いつからできたの?
そんな宇宙のなぞをたくさんお教えします!
11 雲はどうしてできる?
雨つぶはどんなかたち?
山形地方気象台 雲を作る実験:雲をペットボトルの中に作ってみよう!
雨粒浮遊実験:雨粒を空中に浮かせて観察してみよう!
12 霧箱をつくって放射線を
観察しよう!
公益財団法人
日本科学技術振興財団
人財育成部
「小型霧箱」をつくって、
放射線がとおったあとを観察してみよう!
13 ハンドスプレーを作ろう ゼオンケミカルズ米沢株式会社 香料を使って、ハンドスプレー(除菌用)を作ろう。
14 有機ELを体験しよう 公益財団法人
山形県産業技術振興機構
いろんな有機ELの光を見てみよう。自分の力で有機ELを点灯させたり、光の三原色を体験できるよ。

4 参加人数・会場の様子

参加人数:延べ3,552人

開催時の会場の様子(PDF:715KB)

5 主催・共催

【主催】山形県総合文化芸術館 指定管理者 みんぐるやまがた/やまがた科学・産業体験実行委員会

【共催】山形県

お問い合わせ

産業労働部産業技術イノベーション課科学技術振興担当

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2192

ファックス番号:023-630-2695