更新日:2020年10月7日

ここから本文です。

縄文の女神

舟形町の西ノ前遺跡から出土した縄文時代中期(今から4500年前)の土偶(どぐう)で、全身の高さは45センチもあります。これまでに日本で見つかった土偶の中では最大級です。
優美な姿から「縄文の女神」と呼ばれ、海外でも絶賛されています。
平成24年4月に国宝指定の答申を受けました。

文化財ニューストップへ

お問い合わせ

観光文化スポーツ部文化振興・文化財活用課文化財保存担当

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2881

ファックス番号:023-624-9908