ホーム > 県政情報 > 情報公開・広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 2021年 > 9月 > 山形新幹線で行く「山形渓流釣りケーション」!~山形新幹線を使って大蔵村肘折温泉で「山形渓流釣りケーション」を実施~飛島に続き釣り好きの県職員が実証実験

更新日:2021年9月16日

ここから本文です。

山形新幹線で行く「山形渓流釣りケーション」!~山形新幹線を使って大蔵村肘折温泉で「山形渓流釣りケーション」を実施~飛島に続き釣り好きの県職員が実証実験

発表日2021年9月16日(木曜日)
部局・担当課 みらい企画創造部 ふるさと山形移住・定住推進課 電話番号023-630-2235

2021年9月16日(木曜日)

県では、ポストコロナを見据えた多様な働き方・暮らし方の一環として、本県の豊かな地域資源を活用したワーケーションを、市町村とも連携して推進しております。
そうした中、本県独自の釣りとワーケーションを組み合わせた「釣りケーション」について、ANA などと連携して庄内浜を中心に進めてきたところですが、この度、JR東日本と連携して、山形新幹線を活用して渓流釣りとワーケーションを組み合わせた「山形渓流釣りケーション」を、当部職員が大蔵村肘折温泉で実証実験します。

1.期日/令和3年9月21日(火曜日)~22日(水曜日)
※ 悪天候や新型コロナの感染状況等により日程を変更する場合があります。
2.場所/大蔵村肘折温泉及び周辺河川
3.参加者
 山形県ふるさと山形移住・定住推進課職員2名
 鮭川村地域おこし協力隊 松並三男氏(渓流釣りのアドバイザーとして)

詳しくはプレスリリース資料をご覧ください。

プレスリリース資料(PDF:100KB)